個人信用情報次第でリフォームローンの審査は左右される理由

リフォームローンの審査では、カードローンの審査と同様に個人信用情報次第で審査通過が左右されます。

個人信用情報とリフォームローンの審査の関係性について、ご紹介いたします。

リフォームローンの審査では個人信用情報がチェックされる

リフォームローンの審査では、個人信用情報がチェックされます。

個人信用情報とは、本人のクレジットカードやローンの信用取引の契約内容や返済状況などの情報です。個人信用情報をチェックすることで、これらの情報を把握することができます。

  • 契約内容
  • 返済内容
  • 支払い状況
  • 利用残高

個人信用情報は、クレジット会社加盟の個人信用情報機関で照会されます。そのため、他のカードローンやクレジットカードの利用履歴や登録されている住所などもチェックすることができます。

過去5年間の不払いや滞納は審査落ちする可能性がある

他社のご利用で、過去5年間の間に不払いや滞納をした場合、リフォームローンの審査に取らない場合があります。いわゆる、ブラックリストといわれるものです。過去5年間の間に不払いや滞納がある場合は、信用情報機関で基本的に5年間情報の共有がされています。

裁判所を通した手続きがある場合も審査落ちする可能性がある

その他、これらの裁判所を通じた手続きがある場合も、ブラックリストとなり審査の対象とはならない可能性があります。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • 特定調停

これらは合法的な不払いや滞納となり、借金は無くなりますが、支払いをしなかったことや滞納したという事実としてブラックリストに載ってしまいます。

住所が不確かな場合も審査に通らない可能性がある

また、住所が不確かな場合も、審査に通らない可能性があります。

お金を貸す側としては、居場所が不安定な場合は資金を回収できないリスクが高まると判断し、大きなリスクがある人と判断します。申し込みの住所が本人確認書類と異なる、虚偽申告などがある場合は、審査に通過できない可能性があります。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
個人信用情報次第で、リフォームローンの審査は左右されます。
リフォームローンの申し込みをする際は、個人信用情報の内容に不備がないのか、今一度確認することをオススメします。