リフォームローンで審査に取りやすい勤続年数とは

リフォームローンの審査基準は色々ありますが、中でも勤続年数に目を向けてみました。近年は転職される方が多く、勤続年数が短い状態でローンを組まれる方が増えています。

リフォームローンは、どのような勤続年数なら審査に通りやすいのでしょうか。

リフォームローンの勤続年数の審査基準

リフォームローンの勤続年数の審査基準は、1~3年以上と言われています。

金融機関によって、1年以上なのか、2年以上なのか、3年以上なのかは異なります。金融機関によっては、給与明細が1か月以上出るのであればOKという金融機関もあります。一方、勤続3年以上を前提にしている金融機関もあり、勤続年数に対して厳しく審査を行う金融機関もあります。

傾向によると、銀行のリフォームローンは勤続3年以上、信販会社のリフォームローンであれば1年以上の勤続年数が条件となっている場合が大半となっています。そのため、勤続年数3年以上であれば、リフォームローンの審査には通りやすいといえます。

自営業の方は継続年数が厳しい

自営業の方は、事業の継続年数がカギとなります。

どの金融機関のリフォームローンも、最低で2年以上は自営業の勤続年数が必要となります。信販会社でも2年は必要となりますので、短い継続年数では審査の対象とならないと思うと良いでしょう。銀行のリフォームローンも、3年の事業継続年数が必要となります。

どうしても短い事業継続年数でリフォームローンをご利用したい場合は、あらかじめ金融機関に相談をしてみると良いでしょう。

転職者は勤続年数と転職内容が大きな審査のカギとなる

転職した方がリフォームローンに厳しい審査となるのが、勤続年数です。

しかし、勤続年数を3年以上とうたっていても、転職先によっては勤続年数が3年未満であっても審査通過とする場合もあります。また、勤続3年未満の転職者であっても、転職先によっては審査に通過する場合もあります。

なぜ、このような違いが出てくるのでしょうか。それは、転職歴によります。転職後の会社が、自分にとってスキルアップになっているのか、将来性のある企業なのか、年収が上がったのかなど、以前の職業よりもレベルアップしている場合は、勤続年数が短くても審査の対象となる場合があります。

銀行のリフォームローンでも、転職先に将来性があるということで勤続年数半年で審査が通ったという方もいます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンの審査は、勤続年数が大きなカギとなります。最低でも1年、間違いのない勤続年数なら3年は必要といえます。どうしても短い勤続年数でリフォームローンをご利用したい場合は、金融機関に相談をしてみると良いでしょう。