リフォームに使うローンはリフォームローンとカードローンどっちが審査ゆるい?

リフォームに使うことができるローンの中で審査がゆるいのが、リフォームローンとカードローンです。この2つの審査がゆるいローンは、どちらがリフォームのローンに適しているのでしょうか。

リフォームローンとカードローンを比較してみました。

審査

リフォームローンは、銀行系のリフォームローンは数日審査に時間がかかります。信販系のリフォームローンは、即日審査完了する場合もあります。

カードローンは、最短30分で審査が完了する金融機関もあります。審査のゆるさと早さは、カードローンの方が高いといえます。

担保

リフォームローンは、担保が必要なケースとそうじゃないケースがあります。カードローンは、担保が不要な物が大半です。

金利

リフォームローンの金利は、2.0~5.0%程度となっています。金利の高さは、住宅ローンと比べると高いという感じです。カードローンの金利は高く、最大18%ほどかかります。金利は、断然リフォームローンの方が安いです。

また、金利タイプも固定金利や変動金利を選ぶことができるので、自分流儀にローンをご利用することができます。

借入可能額

リフォームローンは、最大で1,000万円ほどです。カードローンは最大で500~1,000万円ほどとなります。融資金額に対しては、あまり変わらないといえます。

融資期間

リフォームローンの融資期間は、最長15年ほどです。カードローンの融資期間は5~7年ほどとなり、リフォームローンの半分くらいの融資期間となります。そのため、リフォームローンの方が長期的に融資してもらえるといえます。

保険の加入

リフォームローンは、団体信用生命保険の加入は、基本的に問いません。一部の金融機関は、強制加入となる場合があります。

カードローンは、保険の加入の有無はありません。保険の加入がない場合の方が一見良さそうですが、保険に加入しておくと万が一亡くなったり体が不自由になった場合に保険が残金を支払ってくれます。そのため、保険加入の方が都合が良いといえるでしょう。

リフォームにはリフォームローンが最適

リフォームローンとカードローンを比較すると、リフォームにはリフォームローンが適しているといえます。カードローンは多くの費用融資には向かないので、オススメできません。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームにはおすすめローンはリフォームローン返済が適しています。リフォームにぴったりの魅力が満載なので、是非リフォームローンを検討しましょう。