リフォームローンの審査通らない理由|こんな人は借りられない

リフォームローンの審査に通らないことには、理由があります。ほとんどの場合、その原因を改善することで審査に通ることができます。しかし、どうしても審査に通らないケースもあります

どのような人はリフォームローンの審査に通らないのかを、ピックアップしてご紹介いたします。

金融事故を過去に起こしている

リフォームローンの審査の際は、個人信用情報にて申込者の借入状態の内容をチェックします。その際、金融事故を過去に起こしている場合は審査に通りません。既にその期間が経過している場合はOKですが、まだ金融事故を起こしている最中の場合は、それが終わらないと審査の対象となりません。

自己破産の場合は、10年は借入れができません。10年が経過すると個人信用情報に記載がなくなるので、審査の対象としてもらえます。自分の個人信用情報の状態が気になる場合は、個人信用情報機関に自分で申請して閲覧することができます。

複数社の消費者金融やカードローンなどから借入があり、負債が多くある

消費者金融やカードローンなどから複数借入があり多くの負債がある場合、審査の対象となりません。リフォームローンとの新たな契約が加わり、さらに返済額の負債が大きくなり支払い不可能となってしまうからです。

消費者金融やカードローンの遅延や延滞がある

消費者金融やカードローンの遅延や延滞がある場合は、支払い能力がなく信用性がないので、審査には通りません。他社の消費者金融やカードローンの遅延や延滞は個人信用情報機関で確認ができるので、その情報はすぐにリフォームローンの金融機関側の方で把握できます。

勤務先の経営状態が危険な人

勤務先の経営状態が良くない場合は、審査の対象とならない場合があります。この場合、会社員でも自営業でも勤務先の経営状態が危険な場合は判断されます。

納税義務を怠っている

税金の支払いなど納税義務を怠っている場合は、審査の対象となりません。税金の未払いは納税すれば解決するので、支払いが可能であれば支払って解決すべきといえます。

ただし、金融機関によっては、直近の数年間の間に納税を怠っている場合は審査に通さないところもあります。納税していない情報は、指定情報信用機関へのチェックですぐに把握することができます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
このような項目が当てはまる場合は、リフォームローンの審査は厳しくなってしまいます。信販会社の場合は審査が甘めの傾向があるので、これらのポイントが該当する場合は事前に相談をしてみると良いでしょう。