リフォームローンの審査通らない理由|審査が通りそうな金融機関とは

リフォームローンの審査に通らない理由があって自信がない場合、審査に通りそうな金融機関を検討してみると審査に通るかもしれません。

リフォームローンの審査の通りやすい金融機関とはどのような金融機関なのか、調べてみました。

住宅リフォーム会社と提携している金融機関

リフォームローンをご利用する際に、住宅リフォーム業者にローン会社を紹介してもらうことがあります。住宅リフォーム会社と提携している金融機関のリフォームローンは、審査が甘めの傾向があります。

給料を振り込んでもらっている金融機関

毎月給料を振り込んでいる金融機関は、審査が甘めの傾向があります。給料を振り込んでもらっている金融機関なので、その人のお金の動きを金融機関側が把握しているので、信用性が高まります。また、メインバンクとして使っているということで、特例のような扱いとなる場合もあります。

勤務先のメインバンク

勤務先のメインバンクは、勤務先で大きなお金をメインバンクで動かしているので、いいお客様と捉えられています。そんな勤務先で働いている人への審査は、優遇してもらえることがあります。

信販会社のリフォームローン

信販会社のリフォームローンは、審査基準を低くして多くの顧客を募る傾向があるので、審査に通りやすい傾向があります。固定金利の場合や変動金利の場合でも金利は高めですが、その代わりに審査基準の低さを与えてくれます。

新築住宅ローンや中古住宅の購入の際のローンと同じ金融機関

新築住宅ローンや中古住宅の購入の際のローンと同じ金融機関は、既に最初のローンで信用性を把握しているので、審査に通りやすい傾向があります。

リフォームローンの審査に通過できるか不安な場合は事前に相談を

リフォームローンの審査に通過する自信がないポイントがある場合は、事前に金融機関にその旨を相談してから申し込みをしてみると良いでしょう。金融機関からしてみたらお客様は1人でも多く取り入れたいので、相談を受けてくれます。

事前に相談をして1番いい反応をした金融機関に申込むことも、1つの方法といえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンの審査に通るのか不安な場合は、このような金融機関への申し込みを検討してみると良いでしょう。やみくもに金融機関に申し込むのではなく、審査が通りやすそうな金融機関に申し込むようにしてみましょう。