リフォームローンの審査落ちする人ってどんな人?信販会社なら審査の対象に

リフォームローンは審査が甘めといいますが、それでも審査落ちしてしまう方はいます。

リフォームローンの審査落ちしてしまう人は、どのような方なのでしょうか。リフォームローンの審査落ちの特徴や、審査が甘めな信販会社についてご紹介していきます。

リフォームローンの審査に落ちてしまう方の特徴

リフォームローンの審査は甘めと言われていますが、残念ながら審査通過しない方もいます。

リフォームローンの審査通過しない方は、このような傾向があります。

年収が少ない

リフォームローンは担保を必要としない場合が大半のため、収入を重視します。200~300万円程度の年収で審査は通ると言われていますが、それより少ない年収となると審査通過しない場合があります。

既婚者の場合は、配偶者と収入を合算することができ、それにより年収を増やして審査通過とすることもできます。

勤続年数が短い

勤続年数も、無担保のローンゆえに重視されるポイントとなります。最低でも勤続年数3年とは言われていますが、信販会社によっては勤続1年でも審査に通る可能性があります。

1年未満ですと審査に通らない可能性があるので、その場合はあらかじめ信販会社の方に問い合わせておくと良いでしょう。場合によっては、勤続年数半年でもリフォームローン審査通過したという例がありますので、審査落ちしないことも考えられます。

自営業や個人事業主だから

担保を必要としないローンですので、収入の安定化はとても重視されます。

自営業は収入が安定していない人と判断されるので、ある程度の安定経営を証明できないと審査通過は難しくなってしまいます。2年以上の安定した事業継続が証明できる書類を必要とするところが大半であり、確定申告などの書類を求められます。安定経営が認められたら、審査通過してご利用が可能となります。

自営業の方や個人事業主の方でもリフォームローンをご利用できている方はたくさんいますので、安定した経営をしていたら審査通過はできるといえます。

クレジットカードでキャッシングをしていたから

クレジットカードでキャッシングをしていると、審査が不利となってしまうことがあります。多少のキャッシングであれば問題ありませんが、多額のキャッシングをされている方は要注意です。

キャッシングの内容は個人信用情報機関でチェックされるので、申告しなくても必ず真実を確認して審査されます。

年齢が若くない

信販会社は年齢に対して緩めの判断をする傾向があり、借入れ時は70歳、完済時は80歳となっている場合が大半です。

そのため、高齢の方であっても審査通過しやすいですが、定年を迎えている場合は審査が厳しくなる場合が多くあるようです。特に年金収入のみの場合は、借入額が限られていたり、希望融資金額が高過ぎる場合は審査落ちとなる場合があります。

年齢が高い方は、どの程度の融資額なら審査の対象となるのか、あらかじめ問い合わせておくと審査通過しやすくなります。高齢の方はバリアフリーなどのリフォームを行う場合があるので、そのような方々こそリフォームローンをご利用したい人たちといえます。

事前に問い合わせて計画的に申し込むと、審査通過の可能性があります。

他社ご利用が多い

信販会社のリフォームローンは総量規制対象外なので、借り入れできる金額は無限のような気がするかもしれません。しかし、返済負担率が高いと審査の対象となりません。

返済負担率とは年収に対するローンの年間返済額の割合であり、一般的に年収250万円未満の場合は25%以内、年収400万円以上の場合は35%以内を超えると審査の対象とはならないことがあります。お買い物やキャッシングだけではなく、教育ローンや車のローンも該当しますので、リフォームローン以外のローンがある場合は要注意となります。

他社のご利用が多い場合は、それらの借金の返済をして無理のない範囲にしてから申し込みを行うようにしましょう。

勤務している会社の規模が小さい

勤務している会社の規模が小さいと、審査落ちとなった方もいます。余程の小さい企業じゃないと審査落ちとなりますが、屋号が無いような小さな企業で勤務されている方は要注意です。

派遣社員やパート、アルバイト

リフォームローンは安定した収入がある方が対象となり、派遣会社やパート、アルバイトの方は審査の対象とならない場合があります。収入や勤続年数によっては審査の対象となる場合もありますので、その人の勤務状況にもよります。

健康に不安があり団体信用生命保険の加入ができない

リフォームローンの中には、団体信用生命保険の加入が原則となっている商品もあります。

病気をしている人は保険加入が難しくなり、審査通過とはなりません。健康に不安がある方は、団体信用生命保険の加入が義務付けられていない商品を選ぶようにしましょう。

審査に通りやすいリフォームローンは信販会社のリフォームローン

これらの何かに該当して審査に通りにくい場合は、信販会社のリフォームローンがオススメとなります。

信販会社は審査基準が低いので、ある程度の属性であれば審査に通りやすくなっています。銀行よりは人気がないので、審査基準を低くして多くの方にご利用してもらえるような内容となっています。申し込みから借入れまでスムーズであり、場合によっては即日で審査結果が出ることもあります。

難点といえば、銀行よりも金利が高いことです。そのため、利息が多くなってしまいます。返済期間や金利を注意して計画することで、利息の少ないリフォームローンとすることもできます。

信販会社のリフォームローンは、リフォーム業者にて取り扱っています。リフォーム業者があっせんしてくれるリフォームローンが、信販会社のリフォームローンです。リフォーム業者の方で全て手続きしてくれるので、お客様が手続きの面で手間を掛けることは一切ありません。金利は高くなってしまいますが、様々なメリットがあるリフォームローンといえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームというのは、一生に1度か2度しかない多くの費用をかけて住宅をメンテナンスする工事です。そのため、ご利用するリフォームローンは慎重に選ばないといけません。ベストなリフォームローンを選んで、無理のない毎月の支払いとしましょう。