リフォームローンは消費者金融でも利用が可能なの?

リフォームは多くの費用がかかるので、ローンでまかなう方がほとんどです。

リフォームに便利なローンといえば、リフォームローンです。消費者金融でも、リフォームローンもご利用はできるのでしょうか。

消費者金融のリフォームローンについて、解説していきます。

消費者金融でもリフォームローンは取り扱っているのか

リフォームローンは、様々な金融機関で行っています。

消費者金融を調べてみたところ、消費者金融ではリフォームローンという商品は扱っている業者はないようです。しかし、リフォームに消費者金融をご利用している人は多くいらっしゃいます。消費者金融のフリーローンを使って、リフォーム費用をまかなっているようです。

消費者金融と言うとキャッシングのイメージが強いと思うかもしれませんが、目的に合わせた借入れ商品も取り扱っております。

プロミスの「目的ローン」

リフォームローンにご利用できるローンを例に挙げると、プロミスの目的ローンはリフォームローンに適したローンと言えます。

プロミスの目的ローンは、結婚資金や教育資金などの使い道が決まっている用途に使う目的ローンです。そのため、リフォームも該当します。融資額は1万円~300万円までですので、リフォームには最適のローンといえます

このようなローンは他の消費者金融でも取り扱っていますので、それらをご利用してみると良いでしょう。

カードローンでリフォーム費用をまかなう

少額のリフォームであれば、消費者金融のカードローンの利用も1つの方法と言えます。

10万円や20万円程度の少額のリフォームであれば、まかなうことができます。大手消費者金融では、はじめての場合30日間無利息サービスというのがあり、それを使うと無利息機関で利息を少なく抑えることもできます。

消費者金融のカードローン審査は、審査が早いのも1つの大きなメリットです。そのため、すぐ資金を得ることができます。銀行や信販会社のリフォームローンでは、直ぐに審査が終わって資金を得ることができません。即リフォーム資金を得たい方には、とてもオススメのローンといえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
消費者金融でリフォーム費用をまかなうことは、とても便利な方法といえます。審査も甘目ですので、申し込んだ方のほとんどがご利用できるところも、魅力的なポイントといえます。

消費者金融でリフォームローンをまかなうことでのメリットとは

リフォームの資金は、消費者金融でまかなっている方も多くいらっしゃいます。なぜ消費者金融でリフォーム費用をまかなっているのか、それには多くの理由があるようです。

消費者金融でリフォームローンをご利用することでのメリットを、ご紹介していきます。

消費者金融でリフォームローンをご利用することでのメリット

リフォームの費用を消費者金融でまかなうことには、このようなメリットがあります。

即日融資が多い

消費者金融の場合、早い場合は即日で融資を受けることができます。

銀行系のリフォームローンの場合、審査に数日かかることがあります。審査通過するのかどうかわからない状態で待つというのは、リフォームの計画も立てることができないので非常に不便です。消費者金融は回答が早いので、そのような心配はありません。

審査に通りやすい

審査基準が低いので、属性があまり良くない方でも審査に通りやすい傾向があります。銀行系の場合は審査基準が厳しいので、ふるいにかけられて審査に通らない方も多くいます。消費者金融は、銀行のリフォームローンの審査に落ちた方の救世主といえます。

手続きが簡単

銀行系の場合書類も多く、保証人や担保など様々な用意が必要となりますが、消費者金融の場合そのようなものは一切必要ありません。

また、消費者金融の場合ネット申し込みができる場合も多く、家や出先など好きな場所にいながらも薄込みなどの手続きを行うことができます。そのため、審査が早く終わりスムーズな融資が実現します。

無利息機関がある

消費者金融の中には、無利息機関を設定している金融機関があります。よくアコムやプロミスなどのTVCMで見かける、30日間無利息期間のことです。

リフォームローンには金融機関にもよりますが、2~18%ほどの金利がかかります。限度額100万円以下の場合は大きな金利がついてしまい、多くの利息を支払わないといけなくなってしまいます。無利息機関があると、その期間は全く利息がかからないので、とてもお得に融資を受けることができます。

リボ払いができる

消費者金融のカードローンの場合、リボ払いで支払うこともできます。分割払いのように返済額が膨らむ心配がないので、便利な返済方法といえます。

リフォーム費用を調達しやすいのは消費者金融

このように、リフォーム費用を調達しやすいメリットが、消費者金融にはたくさんあります。

銀行や信販会社のようにリフォームローンという商品名はありませんが、リフォームに使いやすいポイントが多々あります。少額であれば利息の心配もさほどありませんので、小規模のリフォームにオススメといえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンを消費者金融でご利用すべきメリットを、ご紹介いたしました。消費者金融には、リフォームローンとしてご利用すべき様々なポイントがあります。銀行系のリフォームローンの審査に落ちてしまい困っている方には、大変オススメといえます。

消費者金融でリフォームローンをまかなう際に把握しておくべきデメリット

消費者金融でリフォームローンをまかなうことはできますが、メリットの他にもデメリットもあることを覚えておきましょう。デメリットも把握した上で、効率よくご利用していくことが大事となります。

消費者金融でリフォームローンをまかなう際のデメリットを、ご紹介いたします。

消費者金融でリフォームローンをまかなう際のデメリット

リフォーム費用を消費者金融でまかなう際のデメリットは、これらが挙げられます。

金利が高い

1番のデメリットといえば、金利が高いことです。銀行系のリフォームローンの金利は2%台からありますが。消費者金融は100万円以下の借入れの場合18%の金利が該当する場合が大半です。そのため、多くの利息が付いてしまいます。

消費者金融でリフォームローンをまかなうためには、少ないリフォーム費用の場合の実が該当するといえます。

大口の借り入れはできない

消費者金融でリフォームのローンをまかなう場合、大きな金額の融資とはなりません。大手消費者金融の目的ローンで最高300万円というローンがありますが、ほとんどの場合100万江以下となってしまいます。

また、カードローンご利用の場合は使えて数十万円ですので、大きなリフォームの費用には該当しないということになります。100万円以下のリフォームであれば、ご利用しやすいといえます。

年収の1/3以上は借入れできない

消費者金融には総量規制が該当するので、年収の1/3以上になる金額を借入れすることはできません。

例えば年収300万円の人であれば、最大でも100万円までの借入れに制限されてしまいます。また、同じ300万円の年収の人でも他社からの借入が既に50万円ある場合は、残りの50万円までしか借入れができません。

完済まで時間がかかる

金利が高く多くの利息が発生するので、完済まで時間がかかってしまいます。

消費者金融からリフォーム費用をまかなう際の注意ポイント

消費者金融にてリフォーム費用を調達することにはデメリットが多くありますが、これらのポイントを把握しておくことでカバーすることができます。

大手消費者金融をご利用する

消費者金融の金利は利息制限法にて設定されており、上限で20%の金利の設定ができます。

しかし、大手消費者金融では18%以下で設定している場合が大半です。中小の消費者金融では最大金利20%としているところもあるので、大手消費者金融の方がお安くご利用できるということになります。また、アコムやプロミスなどの大手消費者金融はTVCMでもおなじみですので、安心感があります。

返済計画をきちんと立てる

消費者金融のご利用前には、しっかりとした返済計画を立てましょう。大きな利息がかかるので、必要以上の出費を増やさないためです。返済計画をしっかりと立てることにより、必要以上にお掛けを借り過ぎてしまたり返済がだらしなくなってしまうことがなくなります。

本当に必要な金額はいくらなのか、毎月の返済額はいくらなら返済が可能なのか、いつまでに完済できるのか、利息はいくらになるのか、収入に対して無理な借入れではないのかなど、きちんと細かい部分まで計画をするようにしましょう。

無利息期間を利用する

アコムやプロミスのような大手消費者金融には、無利息期間があります。はじめて契約してご利用する人であれば、誰でも該当します。無利息期間中は利息は一切発生しませんので、少ない利息でのご利用とすることができます。

返済日を守る

当たり前のことですが、返済日はきちんと守りましょう。消費者金融のご利用の方は、返済日を守れない方もいるようです。返済が守られないと信用情報に傷がつき、後にトラブルとなってしまうことがあります。

繰り上げ返済などの早期返済を心がける

早く返済することにより、その分利息が少なく済みます。繰り上げ返済などの早期返済を加えていき、支払い期間を短くしましょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
消費者金融でリフォームローンをまかなうことにはデメリットも多くありますが、便利な支払い方法ともいえます。デメリットもしっかり把握して、消費者金融でのご利用を検討しましょう。

消費者金融でリフォームローンをご利用する際の審査ポイント

消費者金融でリフォームローンをご利用する際、審査に通ることが重要となります。

リフォームローンで消費者金融の審査に通るためにはどのようなポイントが大事なのか、ご紹介していきます。

リフォームローンで消費者金融の審査に通るためのポイント

消費者金融でリフォームローンをご利用する際の審査ポイントは、これらが挙げられます。

信用情報

信用情報に傷がある場合は、審査通過はできません。他社の遅延や延滞、ブラックの方、多債務の多い方は、残念ながら審査通過は難しくなってしまいます。

ご自分で信用情報の内容に不安がある場合は、信用情報の確認ができます。1000円程度の手数料で閲覧ができるので、申し込んでチェックしてみると良いでしょう。

携帯電話料金の延滞経験がある人

意外に思えるかもしれませんが、携帯電話料金の支払いの延滞経験がある方は、消費者金融の審査には通りにくい傾向があります。

今の携帯電話料金の支払いは機種代金の分割費用もプラスとなっており、料金支払いの延滞は機種の分割代金の支払いの延滞にもなります。カードローンのお買い物の支払いの延滞と同じ扱いとなるので、審査には通りにくくなります。

年収

年収は返済比率に影響するので、大きく左右します。年収が少ない場合は少ない借入金としかならないので、少ない金額しかリフォームの費用に該当しなくなってしまいます。

もし、申し込む方の年収が低すぎる場合は、家族の中でもっと年収が高い方で申し込むと良いでしょう。

申し込む額をむやみに高くしない

申し込み額が収入に対して高過ぎるばあいは、審査には通りません。そのため、どれだけの費用がリフォームに必要なのかを、よく考えて申し込みをするようにしましょう。

消費者金融のローンは、希望額が高ければ高いほど審査基準が高くなってしまい、審査通過がしにくくなってしまいます。年収の1/3以内で、かつ必要な金額のみを申し込むようにして、審査に通りやすくしましょう。

在籍確認が取れるようにしておく

審査通過できる属性なのに、在籍確認が取れないことにより審査通過しない場合があります。単に勤務先に電話をして本人がいるかどうかの確認をするだけなのですが、なかなか在籍確認ができないケースがあるようです。

勤務先に本人がいなくて出かけている場合でも、電話に出た方が「出かけています」と言ってくれるだけで在籍確認となります。個人情報の件でなかなか本人に電話をつなげてくれない企業も多くあるようですが、事前に電話に出る担当者にクレジットカードの在籍確認の連絡が来ると話しておくと、柔軟な対応をしてくれます。

申し込み内容には嘘を入れない

嘘のような話ですが、申し込みの際に本当のことを書かない方がいます。やましいことがあるから嘘を書くのでしょうが、その嘘というのは意外にバレてしまうものです。

嘘がバレてしまうと信用出来ない人と認識されてしまい、審査落ちとなってしまいます。その情報は個人信用情報機関を経て各金融機関に伝わってしまいます。そのため、どの金融機関でもリフォームローンの費用をまかなうことができなくなってしまいます。

嘘は書かず、本当のことを書いて審査を受けるようにしましょう。消費者金融はよほどのことがないと審査落ちしませんので、嘘を書く必要性はありません。

短期間の複数の消費者金融に申し込んでいる

審査通過に不安があり、短期間の間に複数の消費者金融に申し込んでしまう方がいます。しかし、それでは申し込みブラックとなってしまい、審査以前に審査落ちとなってしまいます。

1~2ヶ月の間に3社以上の消費者金融に申し込んでしまうと、申し込みブラックという扱いになってしまいます。短期間に数社に申し込むということはお金に困っていると判断され、審査の対象にもなりません。

もしも消費者金融の審査に落ちてしまったら

消費者金融の審査に落ちてしまったら、半年ほど期間を空けないと申し込みができません。リフォームの期間も半年後に延期し、再度申し込みを検討しましょう。その間、なぜ審査に通らなかったのかを確認し、審査落ちとなってしまったポイントを改善させておきましょう。

審査落ちすることには何らかの原因があるので、何が原因なのかを突き止めて改善することが大事となります。そして、今度は消費者金融の審査に通って、リフォームを行うことができるようにしましょう。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
消費者金融でリフォームローンをまかなうためには、これらの審査ポイントに目を向けて審査通過するようにしましょう。万が一審査に落ちた場合でも、審査落ちした原因を追究することで今度は審査通過させるようにしましょう。

消費者金融でリフォームローンをまかなおう|どのような審査の仕組みなのか

消費者金融で審査を受ける際、どんな仕組みで審査を行っているのかを把握することもとても重要となります。審査の仕組みを把握しておくことで、どうしたら審査通過できるのかを把握することができ、リフォームへの計画もできます。

消費者金融の審査の仕組みはどのような内容なのか、ご紹介していきます。

消費者金融の審査は誰が行うのか

銀行の審査は保証会社が行いますが、消費者金融の場合は消費者金融自身が審査を行っています。保証会社に外部委託せず、自社で行うことには大きなメリットがあります。

1番は、審査時間の短さです。自社にて直接審査を行うので、やり取りの時間が短くなり時短とすることができます。そのため、即日融資などの素早い対応が実現するのです。

顧客の種類が違う

消費者金融をご利用しようと思われるお客様は、手軽に借入ができる部分を目的として選ばれます。

銀行の場合は安心感を求めるお客様が大半ですので、審査も細かく行っていき時間をかけた流れとなっていきます。消費者金融は簡単で手軽さが重視とされるので、審査にもそのような柔軟な流れが反映されます。その代わり、手軽で素早い審査の代償として高い金利を求められてしまいます。

総量規制の影響を受ける

消費者金融は貸金業法に則って営業を行うので、総量規制が該当します。そのため、消費者金融の審査には総量規制が大きく影響します。

総量規制の1番の影響といえば、限度額です。申し込み者本人の年収の1/3までしか、借り入れができないようになっています。限度額を踏まえて既定の金額の中に納まるように、自社の限度額の設定を行います。申し込み者が既に他社でギリギリの限度額まで借入れしていた場合、新しくローンの契約をすることはありません。

即日審査で即日融資の大きな強み

消費者金融といえば、即日審査で即日融資となる金融機関が大変多くあります。これは、銀行のリフォームローンにはない消費者金融の大きな強みです。すぐにリフォーム資金を手に入れたい方には、とても大きなメリットとなります。

ただし、即日融資にするためには、即日審査を受けて銀行の営業時間内に融資金額を振り込んでもらわないといけません。消費者金融の審査時間は最短30分ですが、融資までは様々な手続きがありますので、時間に余裕を持った申し込みをしないといけません。

融資を受けたい当日の営業時間すぐに申し込みをすることで、間違いのない即日融資に繋げることができます。

大手消費者金融がオススメ

消費者金融には様々な規模がありますが、大手消費者金融のご利用の方がオススメです。

その理由は、大手消費者金融は人気があるので申し込み件数が多く、様々な属性の利用者がいるからです。そのため、多少属性がよく無くても対応してくれる態勢を持っています。素早い審査対応もしてもらうことができるので、理想の融資となります。

中小消費者金融の場合はスタッフが少ないので、込み具合によっては即日対応とならない場合もあります。即日融資を受けたい場合、これでは困ってしまいます。確実な即日融資を受けたい場合は、大手消費者金融の方が柔軟で間違いないといえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
消費者金融でリフォームローンをまかなう場合は、このような審査の仕組みや考え方を理解して把握しておきましょう。審査通過しやすくなり、素早い資金調達とすることができます。特に即日融資を求める方は、申し込みのタイミングなどに気を付けるようにしましょう。